不運の雨・・・

今年の豪雨災害は、世界規模で大きな被害が続出していますが、非力なのは人間のみならず動物たちも沢山の命が奪われてしまいました。
自然の猛威には逆らえない生き物の運命とはいえ、悲しい結末には胸が痛みます。

我が家の庭先でも、先日の大雨で生まれたばかりのキジバトの雛が2羽、相次いで死んでしまいました。
日課にしていた私のキジバト観察も、まさか昨日でお終いになってしまうとは・・・(/_;)
巣の中で息絶えた小さな亡骸に、無情にもハエが沢山飛んで来ているのが、何とも虚しいお別れでした。
自然界の掟は厳しいものですね・・・

e0042626_22482050.jpg最後に撮影したのが、ちょうど1週間前の11日。

まだ、どこに居るのかわからないくらいの小さな体でしたが、呼吸するたびにその綿毛のような塊が動いて、元気な2羽のヒナたちを確認していたのですが。。。

親バトも今朝を最後に巣から離れ、その後は二度と現れなくなりました。
子供が死んだことを確認したのでしょうか・・・
弱肉強食の世界を生き抜く野生の生き物たちには、きっと想定された試練なのかもしれませんね。
[PR]

by micoblog | 2011-10-18 22:57 | キジバト日記